昔も今も、女性は経済力を求める人が多いように見えますよね。これは、女性の本能的な欲求である「安心して子育てできる家庭」の観点からは、ある意味、妥当と言えるでしょう。元々、男性は外に狩猟に出掛け、女性は家で子供と家を守りながら生活してきましたから、男性の狩猟能力(確実に家族を養える餌を持ち帰ること)=経済力は、家族の生死を分ける重要な事でした。現代では、女性も男性と同様に仕事を持つのが当たり前になってきましたが、それでも、本能の部分に経済力を求める欲求があっても不思議ではありません。また、男女雇用機会均等法が施行されてからかなり経ちますが、やはり現実的には、男女の雇用格差や賃金格差は無くなったわけではありませんから、若い女性の場合、特に男性に経済力を求める傾向も強いかもしれません。しかし、不景気な時代が長く続く日本では、働きたくても働けない若者も増えており、そういう点では若い女性たちの考え方も二極化している面があります。こんな時代だから二人で助けあい・・・と考える女性。こんな時代だから相手は経済力のある人を・・・と考える女性。お金はあるに越したことはありません。男女ともに、お金持ちになりたいと考える人は多いことと思います。そして、お金をばらまけば、人は沢山寄ってくるでしょう。しかし、お金で寄ってきた人は、お金がなくなれば去っていく人であるのも、また事実です。